スキップしてメイン コンテンツに移動

篤姫が終わってしまった


NHKの大河ドラマ「篤姫」が最終回の放送を終えた。
1時間15分の延長バージョンとしては駆け足で、明治維新の15年間を生きた篤姫の晩年を描いていた。
佐藤峰世演出はそれでも、十分に視聴者に気持ち良く泣くことができるよう計算されたものだった。
本当は、大奥を出てからの天璋院はかつて仕えた女中たちの生活のために骨身を惜しまずに奔走したという。
死を迎えたときには、当時の金で3円程度しか手元に残っていなかったそうだ。
その辺りのところももう少し見たい感じもしたが、それは大河ドラマとしては難しかったのだろうか。
ドラマでは、あくまでやさしく送り出すところが描かれたのみだったのはちょっと残念だった。

「篤姫」はここ数年視聴率的に凋落する大河ドラマで驚異的な数字を記録した。
ついにはNHKが全日視聴率でTopになる原動力ともなった。
幕末を描いた作品は、あの三谷幸喜脚本で香取慎吾を起用した「新選組」でさえ視聴率的には苦戦していたという。
それは、やるせないほど殺伐とした時代が見る人に救いがなかったからに違いない。
ところが今回は女性層の支持を受けて、誰も想像できなかった程の数字を記録してしまったのである。
今回はその成功の源となったところを制作者としての立場から分析してみよう。

まず、第一に「篤姫」成功の根底には、篤姫の人生を分かりやすく線を引いていったところを見流すわけには行かない。
例えば、「篤姫」の1年間は篤姫の成長と共に、笑い、叫び、泣きという言葉で区切ることができる。
島津本家に養女に出るまでの於一時代の笑い期。
養女となってから家定が薨去するまで、篤姫の時代の叫び期。
そして天璋院となってからの泣き期だ。
そして、そのそれぞれの時代に篤姫に強くかかわり、影響を与えた人たちを作った。
それは佐々木すみ江さん演じる菊本であったり、松坂慶子さん演じる幾島であったり、北大路欣也さんの勝海舟であった。
こうした人たちとのかかわりの中で、成長し、変わってゆく篤姫を分かりやすく見せたところは見逃すことができない。
その存在感の大きさは、1年間「篤姫」を支えた瑛太の小松帯刀や西郷吉之助(小澤征悦)、大久保正助(原田泰造)に匹敵するほど大きなものだった。

もう一つ特筆しなければならないのはキャスティングの妙だ。
前作、「風林火山」は山本勘助役の内野聖陽はじめ、武田信玄の市川亀治郎など演劇界・歌舞伎界の人が主人公を演じた。
それ故、全ての出演者の演技が舞台的になってしまっていて、テレビという枠の中からはみ出してしまっていた感は否めなかった。
映像は彼らの演技によって作り上げられたといっても過言ではなかった。
時には映像の枠を超えてしまって、視づらいというレベルまで達していたこともしばしばだった。
多くの共演者が彼らに呼応して舞台的な演技に流れていった中で、千葉真一と池脇千鶴がかろうじてテレビの世界に繋ぎとめていた。

それに対して、「篤姫」で舞台をベースにしているのは島津久光を演じた山口祐一郎と本寿院を演じた高畑淳子くらいだった。
映像をベースとしている人たちの演技はハイビジョンとアナログという枠はともかく、映像という世界の中で生きてくれていた。
それはテレビというメディアを通していえば分かりやすかったということと無縁ではないはずだ。
この、ある意味分かり易い映像が、女性層の支持を得る大きな力になったと思う。
そして、だからこそ、宮﨑あおいと瑛太という若き天才俳優と、樋口可南子や稲森いずみ、中嶋朋子などの演技を強く私たちに印象付けたのだ。

そして何より、幕末という時代と現在の時代的な類似性というところも見逃せない。
金融危機という未曾有の現在は、ある面幕末という時代とシンクロナイズするところが大きいと思う。
幕末ほど命のやり取りのようなことはないものの、殺伐とした時代という様相は相通じるところが大きいのではないか。
その時代を生き、その流れの中で家族を守りぬいた一人の女性に共鳴し、感動を覚えない人がいるわけがない。
朝日新聞に脚本の田淵久美子がコラムを寄せていた。
彼女自身、この仕事に携わってから、その生活に大きなうねりがあったという。
そうしたことが、この作品にどこか反映されているということは容易に想像がつく。
こんなふうに作品の底辺に流れている女性が感じる「今」が生きていたことが、このドラマの成功の大きな要因であったように思えてならない。
細かく指摘すればいくつもの直すべきところはあったのだが、そうした一つひとつのことを披瀝しても何の意味がないほどの力をこの作品は蓄えていったといわざるを得ない。

それにつけても、一般にいわれるとおり、宮﨑あおいと瑛太は若き天才俳優として異論が挟めない程の才能を私たちに見せてくれた。
そして、稲森いずみさんの「義経」のときの常盤とは一線を画す凛とした美しさ。
中嶋朋子さんの、きっと自身の深からでた優しさあるれる演技は生涯記憶に残るものだ。
それと個人的には、今泉島津家の頃からの女中だった「しの」を演じた小林麻子さんは、この先もっといろいろなところにでてよい女優だと思うのだが。

コメント

このブログの人気の投稿

レベルが下がった仮装大賞

1月8日日本テレビの「全日本仮装大賞」を視た。
6年ほど前までこの番組の制作協力会社側の責任者として、制作現場に携わっていた番組だ。
多分7年間ほど担当していた。
その頃は年間3回の放送で、放送が終わるとすぐに地方予選が始まり、毎週土日は地方出張だったことを思い出す。
高速で流れるクレジットを見る限りでは、スタッフの顔ぶれがだいぶ若返ったようだ。
それにあわせてか、審査員も5人になり、余分な彼等の仮装もなくなっていた。
ずいぶん様変わりしたものだ。
ただ、構成作家陣は喰始さんや鈴木しゅんじさんなどなじみの名前が並んでいたのにはチョットホッとした。
それに、梶原君や三井君、松原さん、飯塚さんなど常連といわれる出場者たちも懐かしかった。
ただ、当然のことながら、みな年をとって老け込んでいたけれど。
まあ、時の流れを考えれば当然といえば当然だ。

さて、5年ぶりに番組を視ての第一印象は、作品のレベルが下がったということだ。
私が担当していた頃なら採用されることはなかっただろう作品がいくつも出ていた。
番組サイトの掲示板には「もう少し合格者が多くてもよい」という意見があった。
しかし、レベルが下がった分不合格になるグループが多くなるというのは致し方ないことだ。
それより、満点を取ったグループが少ないということにレベルの低下が表れていると見たほうがよいのではないか。

仮装大賞は、体を使って「何か」に見えるようにすることが基準だ。
だから、人間に仮装するとか、装置や背景などを動かすだけというのは予選段階からもれていた。
それが今回はいくつかそうした作品が登場していた。
制作スタッフの若返りに合わせて、基準も変わったのかもしれない。

それと、以前ほど作品の完成度や演技に番組からの指導が少なくなっているのではないか。
セットや背景などの作りが荒い部分が目立った。
また、演技にしても無駄な動きがあった作品もあった。
もっと動きを細かく指導すればもっとよい作品になるだろうと思われるものもいくつかあった。
私が参加していた頃は、本戦出場が決まってからが最後の追い込みで、演技内容について細部まで指導していった。
それはエキセントリックなほどだった。
地方の出場者の場合、その練習している場所まで行っていたのだが、今回の作品を見る限り、そこまでの完成度を求めた作品は感じられなかった。
これも制作費の関係なのだろうか。

ただ、こうした出場者のレベルの…

制作会社が直面する厳しい現実

今、番組制作会社にかつてないほどの危機が迫っている。
それはテレビの破綻にも通じかねない危険性を含んでいる。
その脅威は、実は制作会社とテレビ局との関係が生み出しているとしか考えられない。

根本的な原因はテレビ局にある。
ほとんど全てのテレビ局は、企画に関して表向き門戸を開放している。
編成局が中心となって、良い企画があればどんどん採用すると明言しているのだ。
ところが、現実は制作会社にとってそれ程恵まれたものではない。
仮に企画書を受け取ってくれたとしても、読んではくれないという。
制作局のプロデューサーにせよ、編成局にせよ、企画を受け付けるのは実績のある制作会社だけだというのだ。

だから中小の制作会社は、何とかして局のプロデューサーと人的交流を作ろうとする。
その第一歩はADの派遣だ。
私達がテレビに入った頃とは比較にならないほど人気がなくなっているAD。
そんな今でも消耗品であるということは変わらない。
1週間と持たずに辞めて行くなんていうことはさほど珍しいことではない。
常に人材不足、というより人員不足。
そこにせっせと人を供給することで、プロデューサーとの関係を構築しようというのだ。
少しでも恩を売る形になれば番組制作のチャンスが生まれるかもしれない。

ようやく制作のチャンスが生まれると、AD派遣の投資分も取り返そうと思って利潤追求を狙うから、余計品質が下がる。
ところが局の方は制作会社を出入りの業者程にも見ていない。
だから制作費は出さないくせに要求だけは山ほど出してくる。
この要求を呑まなければもう次のチャンスはないから、赤字覚悟で現場をころがすしかない。
そうしたことから倒産する制作会社が5年ほど前からどんどん増えているという。

もう一つ大きな脅威となっているのがプロダクションの制作部門や関連会社の進出だ。
吉本興業や渡辺プロ、ホリプロなど大手のプロダクションが所属する人気タレントの出演を条件にした番組を企画し、制作するのだ。
その分かりやすい例は、CXで渡辺プロが制作しているの「ウチくる!?」だ。
中山秀征はじめ、青木さやか、ビビる大木と渡辺プロのタレントが顔を連ねる。
制作力や演出力はさておき、実績のあるタレントや今ノッテいる人気者が出演するのだから、それなりのクォリティーは確保できる。
テレビ局にとってはとっても安心できる番組となるわけだ。
企画の良し悪しではないのだから、どこの局の番組を見ても…

丸くなった「疑惑」

テレビ朝日が開局50周年に合わせ、50時間テレビと銘打ってスペシャル番組を編成している。
ただ、内容は人気番組のスペシャル版というもので、日本テレビの24時間テレビのような統一したコンセプトのものではないようだ。
特に興味を惹かれるような番組ではないので今のところ全く視ていない。
こういう編成企画というのはどうなのだろう。
せっかくの周年記念、もうちょっと力を入れて欲しいと期待するのは私だけだろうか。

その50時間テレビに先立って、50周年を記念したドラマが放送された。
松本清張の「疑惑」だ。
田村正和さんと沢口靖子さん、室井滋さんの主演。
脚本はこの原作を何度も作品化している竹山洋さん。
野村芳太郎監督の映画「疑惑」でも脚本を書いていた。

映画では佐原弁護士を岩下志麻さん、被告の球磨子を桃井かおりさんが演じていて、二人の火花を散らせるような緊張感あふれるやり取りがとても印象的な作品だった。
「砂の器」をはじめ松本清張の小説を数多く演出している野村芳太郎監督の作品の中でも高い評価を得た作品だったはずだ。

そんな感覚が残っていたせいか、テレビ版の「疑惑」はちょっと物足りないできだった。
田村正和さんの佐原弁護士からは殺人の謎解きでも鋭さや緻密さは感じられなかったし、この仕事に向き合う背景も希薄だった。
事実を追求する姿も熱血というほどでもなく、正義感あふれるというところも感じられなかった。

沢口靖子さんは大熱演で、今までに視たことがないキツくてズルい性格の被告役を作り上げていた。
ただ、どうしても本当に悪い女には見えない。
どこかにやさしさが出てしまって、色と欲で被害者に近付いていったような悪女にはなりきれていなかった。
やっぱり、映画の桃井かおりさんのイメージが残っていたのだろうか。

室井滋さんの白井球磨子を犯人として書きたてる新聞記者はただうるさいだけ。
キャンペーンを展開したプライドや意地といったものはただ空回りするばかりで、残念ながら感じることはできなかった。

映画版との区別化や田村正和の主演ということのためだろう、竹山脚本もほとんどゼロスタートという感じ。
さすがに球磨子の時により豹変する態度やズルさの描きこみは見事だった。
ただ、謎めいた球磨子の生い立ちや、行動がドラマの厚みを作るほどの効果を作り出しているとはいえなかった。

やはり田村正和という個性あふれる二枚目が主役を演じるドラマというのは、その設…